通信制高校と就学支援金

公立の通信制高校はいかなる状況下にあっても「高等教育が受けたい」と希望する人にたいして、等しくその機会が与えられるようになっています。
そのため学費負担もごく少なく抑えられています。
しかし公立の通信制高校では続けて行ける自信がなかったり、場所的に難しいといったこともあるでしょう。
そういったときに就学支援金を検討してみましょう。


<通信制高校でも利用出来る就学支援金>

就学支援金は、公立であれば年間で6200円が支給されます。
私立の通信制高校に通うということであれば、年間11万8800円までは支援されます。
また世帯の収入が250万円から300万円の範囲であれば、17万8200円の支給額となります。
時代によっても変化しますし要件も変わりますので、利用しようとするときには最新の情報を入手する必要がありますが、公立私立にかかわりなく通信制高校でも就学支援金が支給されるということは心強いものです。
公立であれば収入などの一定要件を満たせば、無償となる場合もありますし、スクーリングなどにかかる交通費も支援される場合も見られます。
経済的な理由で断念しなければならないといった問題は、随分と軽減します。
希望している学校から資料を取り寄せることもできますし、文部科学省のホームページを閲覧したり、各都道府県の担当部署へ直接尋ねることも可能です。

Comments are closed.