型にはまらない通信制高校の授業

学校というとどうしても毎日決まった時間に集まって皆で同じ内容を学び決まった課題を熟す、そういった印象が強いのではないでしょうか。しかし全ての学校がそうというわけではありません。例えば通信制高校はこういった学校教育のステレオタイプとその教育方針が大きく異なります。


通信制高校と登校日

まず通信制高校には決まった登校日がありません。勿論学校によっては毎週決まった曜日の決まった時間に通ってくださいという所もありますが、そういった学校は基本的にはいくつか曜日の選択肢が用意されているものです。通信制高校は全日制と比べて圧倒的に必要な登校時間が少なく、多めに必要な人は多めに、少なくていい人は少なめに投稿頻度を設定する事が可能です。例えば週に3回通っているという人から毎週土曜日だけ学校に来ているという方もいますし、午前中で帰るという人もいれば午後から登校という人だっています。


単位制による自由なスケジューリング

またこういった自由なスクーリング(登校日)を可能としているのは多くの通信制高校で採用されている単位制度です。これは全日制に多く見られる学年制とは違い必要単位数さえ満たしていれば好きな講義を好きな量受講する事ができるシステムです。これらにより通信制高校では学びたいものを学びたい量、学びたい時に学ぶといった事が可能となっています。

Comments are closed.