通信制高校の中退率について

4月 11th, 2014

公立、私立ともに、通信制高校の中退率は、ともに多いというのが現実です。若干私立が低くなっていますが、大きな差はありません。


<公立通信制高校の中退率は>

公立通信制高校の中退率は、50%を超え、大変残念な結果となっています。これは学習者に対するフォロー体制が成されていない分、学習意欲や卒業へ向けた強固な意志などが求められるため、そこで断念してしまうことも多いというのが原因です。公立通信制の存在意義を考慮すれば、学習者個々の努力に委ねられるのは、ある意味致し方ないことではあります。経済的、また肉体的な面で全日制を断念せざる得ない学習希望者を救済するという意味では、学費負担も軽減され、しっかりと機能しています。


<私立通信制高校の中退率は>

私立は公立に比べ中退率は低くなっていますが、それでも50%は超えています。しかし私立の通信制高校はビジネスです。中退率が低いということが大きなセールスポイントとなることから、中退者を減らすサポート体制という企業努力が成されています。これは公立では出来ない、私立ならではのものです。年間の費用負担が公立の10倍以上かかっても、卒業率ほぼ100%を達成した学校もあります。それだけ学習相談や進路相談も行う機会を広く設け、社会生活の営みに意欲が持てるようなフォローを行なっています。公立と私立の中退率の差は、ますます開くことでしょう。

《関連サイト》
中退者の方も通いやすい通信制高校(http://www.sevillaporlarepublica.org)
通信制高校へ通う方の中には、何らかの理由で高校を中退してから入学する人も多いようです。

通信制高校で不登校の悩みを軽くする

11月 20th, 2014

昨今、高校在学中に学校に通うことが出来なくなり、不登校になってしまうお子さんは少なくありません。学校に行かず、一日の大半を自宅で過ごし外との関わりが少なくなることは、成長期のお子さんにはとても危険な問題です。そこで、通学が最小限で済む通信制高校を利用し、不登校問題を少しずつ軽くする方法についてご紹介します。


在宅でゆっくり学ぶ通信制高校

不登校になって課題になるのは、対人と学業です。学校で授業を受けないということは生きるために必要な知識が身につかないということになります。更に学校で友人や教師と過ごす時間がないということは、社会に出て集団行動と個人行動の使い分けを学ぶことが出来ないということです。

そこでおすすめなのが、一日の大半を学校で過ごす必要がない通信制高校です。通信制といっても、学べるコースは多種多様で自由に選ぶことが出来ます。学校に通わず、レポートの提出や定期テストをクリアすることで単位を取得し、卒業することが出来ます。無理せず期間を設定することが出来るので、一日何時間も机にしがみつく必要がありません。

自分のペースに合わせて学ぶことが出来、卒業と共に資格が取れる通信制高校もあるので、時間を有効に使うことが可能です。


スクーリングで外に出よう

もう一つの課題は対人学習です。在宅でマイペースに学ぶことも大切ですが、外で人との関わりに慣れることも大切です。そこで是非利用して頂きたいものが、通信制高校のスクーリングです。年に1回から20回程度まで、学校やコースによって日数が決まっており、その日だけ指定の学校で授業や面談を行います。相談すれば日程の調整をしてくれる通信制高校もありますので、無理をせず外に出ることが出来ます。


不登校は通信制高校で着実に解決させる

不登校によって学習すること自体を嫌いになったり人間が怖くなったりするお子さんも沢山います。しかしその状態で一生家に閉じこもっている訳にはいきません。親は必ず先にいなくなり、お子さんは自分の足で立って生活をしなければならない時が来ます。せっかく生まれて来たのに、自分の意思と関係なく不登校になってしまっては、自分を維持することが難しくなってしまいます。

自分の人生に必要なものをかき集めることは、自分自身にしか出来ません。もし今不登校でお悩みのお子さんがいらっしゃるのであれば、一緒に学び、外に出るキッカケを作るためにも、通信制高校を検討してみてください。

大学進学を見据えた通信制高校

8月 28th, 2014

通信制高校卒業後は進学すると、はじめから決めている生徒も増えています。しかし受験勉強はあまりしたくないと考えているんであれば、大学進学の支援に積極的な通信制高校を選ぶと良いでしょう。そうすることで受験勉強の負担が軽減します。


<大学進学を視野に入れた通信制高校選び>

大学受験を視野に入れた学習に力を注いえいる通信制高校があります。高等学校卒業程度認定試験との閉口して学習が進められ、早めに受験資格が得られれば、受験に向けた勉強を行ってゆきます。中には受験勉強は苦手で嫌だけど、大学には行きたいという生徒もいます。そういう生徒は、大学の付属の通信制高校であったり大学のグループ校として開設されていると学校を選ぶと、推薦が受けられる可能性があります。推薦枠がもらえるような条件はそれぞれですが、提出物やスクーリングなどから垣間見られる生活態度が良好だということは第一条件になります。この条件にクリア出来て晴れて推薦が取れれば、受験勉強はそこそこで、大学進学がかないます。このように大学を母体に持っている通信制はフォロー体制もしっかりしている傾向にありますので、勉学への欲が途中からでも出てくれば、更にのぞみが高くもてます。

通信制高校と就学支援金

5月 30th, 2014

公立の通信制高校はいかなる状況下にあっても「高等教育が受けたい」と希望する人にたいして、等しくその機会が与えられるようになっています。
そのため学費負担もごく少なく抑えられています。
しかし公立の通信制高校では続けて行ける自信がなかったり、場所的に難しいといったこともあるでしょう。
そういったときに就学支援金を検討してみましょう。


<通信制高校でも利用出来る就学支援金>

就学支援金は、公立であれば年間で6200円が支給されます。
私立の通信制高校に通うということであれば、年間11万8800円までは支援されます。
また世帯の収入が250万円から300万円の範囲であれば、17万8200円の支給額となります。
時代によっても変化しますし要件も変わりますので、利用しようとするときには最新の情報を入手する必要がありますが、公立私立にかかわりなく通信制高校でも就学支援金が支給されるということは心強いものです。
公立であれば収入などの一定要件を満たせば、無償となる場合もありますし、スクーリングなどにかかる交通費も支援される場合も見られます。
経済的な理由で断念しなければならないといった問題は、随分と軽減します。
希望している学校から資料を取り寄せることもできますし、文部科学省のホームページを閲覧したり、各都道府県の担当部署へ直接尋ねることも可能です。

通信制高校のカリキュラムはさまざま

2月 3rd, 2014

通信制高校ではあらゆるカリキュラムを準備しています。好きなことを見つけるために様々な芸術強化や選択科目を履修できるコースや、好きなことを見つけた生徒がもう少し深く、その世界を学習するためのコースなどです。また芸能活動などに特化し、ダンスなどを教えてくれるところもあります。


通信制高校で好きを見つける

専門資格を取得する通信制高校などでは、国家試験までのカリキュラムの問題から途中から履修することが難しくなることもありますが、多くのコースでは、学年の途中でもコース変更を可能にするなど、生徒が様々な勉強を行える環境を整えています。一年生でいろいろな分野に触れ、興味のある分野の学習を2年生から進めてもいいのです。もう進路など夢が決まっている生徒は、資格やその分野の探求に時間を割くことができるのです。


焦らずに道を決めよう

進路なども大学受験を目指すコースなどもあります。センター試験は5年後をめどに廃止の見通しがたち、達成度テストと名前を変えるそうです。高校在学中から、どの程度まで理解しているかを5から10くらいの段階評価で知ることができるとされており、高校での学習スタイルや大学入試も変化していくと考えられているそうです。

通信制高校と個性豊かな生徒たち

1月 23rd, 2014

自由自在な教育方針や専門分野へ力を入れる等、生徒の個性を最大限に伸ばす事を目的とした通信制高校では、やはりというべきか、やや個性的な人が集まる傾向にあります。むしろ生徒の人達が伸び伸びと個性を出せる環境である、というべきでしょうか。通信制高校に通っているうちに細かい柵が気にならなくなった、変われたという人も少なくありません。


通信制高校は服装自由

まずスクーリングで学校に行くとびっくりするのは恐らく彼らの服装だと思います。通信制高校の多くは基本的に私服を可としている他、スタイリスト志望の子やデザイナー志望の子等も通信制高校には通っている為少し普通の人なら勇気のいるような服装の子も多くいる事でしょう。また学校によっては独自の制服を持っている所もあり購入着用が自由となっています。尤も制服といっても比較的にデザインに拘った華やかなものが多く、中には好んで着てくる子もいるといいます。


新高校生からお年寄りまで年齢幅が広い!

また通信制高校は中学校を卒業していれば特に年齢制限が無いので様々な年齢の人が通っています。もちろん中学を卒業したばかりの新高校一年生もいれば、一度就職して働きながら通信制に通っている方、昔戦争で十分な教育を受けられず高校だけは卒業しておきたいと通う年配の方までその幅は様々です。

あなたの好きなものは?通信制高校総合学科

1月 23rd, 2014

通信制高校の魅力の一つにスペシャリスト向け教育が受けられる専門学科の存在があります。とはいえ高校の時点でそれほど自分の将来の夢や天職を明確に把握している人はそう多くないでしょう。でもせっかく通信制高校に通うからには何か特別な事がしたい!そんな人には総合学科を持つ通信制がおすすめです。


通信制高校の総合学科

通信制高校の総合学科は言ってみれば専門学科のお試し的な役割を持つ学科のようなものです。この総合学科ではその学校が抱えている専門学科が有するコース全ての導入部分を一年かけて一通り体験する事が可能です。その過程で自分の好きな分野が見つかる、自分の得意な分野が見つかれば二年目以降そのまま専門学科に移行する事が可能となっています。


総合学科の長短

総合学科は前述のように様々な分野を広く浅く体験、学ぶ事ができる学科です。しかしそれはメリットであると同時にデメリットでもあります。例えば最初から将来の夢がはっきりしていて一年目から専門学科にはいった人と、一年総合学科で学びそこで興味を持って二年目から専門学科にはいった人とではほぼ一年経験値に差が生まれます。その為もし自分の夢が固く決まったのであれば少しでも早く専門学科に、夢が変わるかもしれないと思うのであれば総合学科を選ぶと良いでしょう。

通信制高校で夢のスペシャリストに

1月 23rd, 2014

通信制高校は自主学習を主体とした学習機関であり、3年以上の在学期間と必要単位数の取得で高校を卒業する事が可能です。しかし通信制高校をただ卒業するのはもったいない!何故なら通信制高校には専門学科と呼ばれる、卒業を黙々と目指す普通学科とは異なるスペシャリスト養成の為の学科があり、そこでは普通の学校に通っていたのでは決して学ぶ事の出来ないような専門的授業が受けられるからです。


通信制高校の専門学科

通信制高校が抱える専門学科のコースは学校によって細く異なります。その為全ての通信制が○○を目指せるかと言われるとそういうわけではなく、また最も通信制の個性が出るのもこの専門学科だと言われています。例えば専門学科には美容師やスタイリスト等を目指す専門のコースがある他、声優やミュージシャン、イラストレイターや漫画家、アスリート等になる為の講義を開いている学校が多いと言います。


中には少し堅い専門分野も

また専門学科の中には公務員や弁護士を目指す為の専門コースを持つ学校もある他、特定の資格所得の為のコースや高卒認定試験取得専門のコース、大学進学や就活の為のコースをもつ通信制高校もあると言います。華やかな職業から堅実な職業まで、通信制なら自分の個性や夢に向かって一歩早く備える事ができます。

型にはまらない通信制高校の授業

1月 23rd, 2014

学校というとどうしても毎日決まった時間に集まって皆で同じ内容を学び決まった課題を熟す、そういった印象が強いのではないでしょうか。しかし全ての学校がそうというわけではありません。例えば通信制高校はこういった学校教育のステレオタイプとその教育方針が大きく異なります。


通信制高校と登校日

まず通信制高校には決まった登校日がありません。勿論学校によっては毎週決まった曜日の決まった時間に通ってくださいという所もありますが、そういった学校は基本的にはいくつか曜日の選択肢が用意されているものです。通信制高校は全日制と比べて圧倒的に必要な登校時間が少なく、多めに必要な人は多めに、少なくていい人は少なめに投稿頻度を設定する事が可能です。例えば週に3回通っているという人から毎週土曜日だけ学校に来ているという方もいますし、午前中で帰るという人もいれば午後から登校という人だっています。


単位制による自由なスケジューリング

またこういった自由なスクーリング(登校日)を可能としているのは多くの通信制高校で採用されている単位制度です。これは全日制に多く見られる学年制とは違い必要単位数さえ満たしていれば好きな講義を好きな量受講する事ができるシステムです。これらにより通信制高校では学びたいものを学びたい量、学びたい時に学ぶといった事が可能となっています。

通信制高校は学校見学に行って選ぼう

1月 23rd, 2014

通信制高校を選ぶときはどのように選んでいますか?資料請求などをして、学費や授業内容などを確認するのはもちろんですが、実際に通信制高校まで足を運んで、学校見学はしていますか?多くの通信制高校では電話で申し込みをすれば、学校があいている時間に見学を行うことができます。


校風や先生と実際に話してみよう

通信制高校はクラスなどがあっても、必修科目以外は自分で選んだ教科を履修するので、毎日同じ人に会うということが少なくなります。もちろん、部活動などを行っている通信制高校もありますし、友達ができないわけではありません。しかし、選択科目のことなどを相談するのは学校の先生になります。相談のしやすい先生や、学校窓口のほうがいいですよね?そのようなことも、学校見学に行くことで、雰囲気などを知ることができるのです。


通信制高校の場所は通えますか?

通信制高校まで実際に足を運ぶメリットとして、通学ができるかどうかという点も挙げられます。全日制高校と違い、毎日、高校へ行く必要はないのですが、スクーリングと呼ばれる登校日には学校へ行かなくてはなりません。あまりに遠かったり、交通の便が悪かったりすると、スクーリングだけでも通うのは大変です。自宅から通うことができる距離か、校風は自分にあっているか、先生は話しやすい先生かなどを学校見学でしっかりと確認しましょう。

通信制高校は学校見学に行って選ぼう

1月 23rd, 2014

通信制高校を選ぶときはどのように選んでいますか?資料請求などをして、学費や授業内容などを確認するのはもちろんですが、実際に通信制高校まで足を運んで、学校見学はしていますか?多くの通信制高校では電話で申し込みをすれば、学校があいている時間に見学を行うことができます。


校風や先生と実際に話してみよう

通信制高校はクラスなどがあっても、必修科目以外は自分で選んだ教科を履修するので、毎日同じ人に会うということが少なくなります。もちろん、部活動などを行っている通信制高校もありますし、友達ができないわけではありません。しかし、選択科目のことなどを相談するのは学校の先生になります。相談のしやすい先生や、学校窓口のほうがいいですよね?そのようなことも、学校見学に行くことで、雰囲気などを知ることができるのです。


通信制高校の場所は通えますか?

通信制高校まで実際に足を運ぶメリットとして、通学ができるかどうかという点も挙げられます。全日制高校と違い、毎日、高校へ行く必要はないのですが、スクーリングと呼ばれる登校日には学校へ行かなくてはなりません。あまりに遠かったり、交通の便が悪かったりすると、スクーリングだけでも通うのは大変です。自宅から通うことができる距離か、校風は自分にあっているか、先生は話しやすい先生かなどを学校見学でしっかりと確認しましょう。